まぁまぁという表現

良くも、悪くもないような時には、まぁまぁということや、そこそこなどというような表現が有りますが、ほとんどの出来事というのはそのようにして表せられるのだと思います。