分からないということで大丈夫

食べたことの無いものが有ったとします。

それを説明できないような味だった場合には、何度聞いても分からないと思います。

ということは、食べる前に聞いたことというのは分かっていないことだということですよね。