常識にとらわれない

常識という形が有りますが、それが邪魔なときがあります。

常識のように出来ないこと、また出来ないこと。

それらがあるということから、常識というのは半数以上であるということなのです。