どのようなことにでも

良い場合とそうではないことが有ります。

ですから、やり過ぎるということよりも、少ししてみるということは大切なんだと思っています。