みんな違ってみんな楽しい

どこかで、壁という垣根が存在しているのが人間関係でしょうが、どこかで相手を認められるようになることが出来れば、そうは、四六時中一緒に居ないので、楽しい時間もあるものです。