相手をどこかで許容してみる

自分という枠があって、ここから先は未経験だからとても神経を使うから嫌だという出来事は有ります。

ですが、そのようなことをストレスにしていては、いつまでもストレスですから、どこかでそのようなものだろうという許容範囲を広げることは大切ですよね。