アホになってみること

行動ができないときにはアホになろうというような発想があります。

そう考えると、アホになれるなら、行動なんて怖くはありません。