知らないということでも良い

知っていなくてはならないということがあっても、それを知るということは覚えることと、知るという意味でも違いがあります。

ですから、知るということを本当に出来ている人は僅かな人かも知れません。