1から10まで

どんなことでも、1があり、また10ということになっていると思います。

その1というのはとてもか弱いことなのでしょうが、そこで当たるということを探すことが目利きなのだと思います。