今日も昨日もそのつぎも

追いかけるようにして時代は流れています。

そこに嫌気がさしてもそうでしょうし、面白くなってもそうだと思います。

結局、何を選ぶかということで、そこから離れるということも大切なのかも知れません。