分らないような言葉

はらりはらりと、葉が落ちるというような言葉。

音としては何も無いであろうことにでも、表現が存在して、それがなんとなく分るような表現というのは、とても想像の世界を掻き立ててくれますよね。