近代化という道について

チンドン屋というのでしょうか、大昔に実在していたような催しで、近代文化の様相というのはとても素晴らしい夢のような世界というイメージで聞こえていました。

最近では、近代的というのは、どこか冷たい感じの、難しいような話に聞こえてしまうのは、イメージが上手く出来ていないということなのでしょうか。