注意と不注意

意識しているということで、注意をしているということなのでしょうが、逆に意識というのをしなくては注意ができないということ。

不注意に、何かをしてしまう場合には、違うような気分、集中力が持続しないというようなこと。

そう、考えると、いつも何かをする場合には意識は集中しなくてはならないということなのかも知れません。