的を得るということ

何かを狙っている時というのは、まっすぐとそこを自分の中に感じているのだと思います。

的を探すということは、どちらかと言えば当たり前な日常かも知れません。

目指すことが分かると、そこしか見ていないことが大切なのだと思っています。