明日があれば、また明日。

365日が一年ということで考えれば、その回数を繰り返しているのですから、3分の1が休みということでしたら、6割の中で、努力すれば良いことで、有給や夏休みなどを考えると、とても、ゆとりが本当は有るはずですから、一日のつぎを考えることで、進めることはいくつもあると思います。