一喜一憂

人間ですから、過剰に期待をすることも有るでしょうし、とても落ち込んでしまうことも有ると思います。

ですが、時間と共に、なんでもないと思えるような出来事となるのですから、それについてはあまり考え過ぎないようにして、また、変わるということを自覚しておくことは良いことだと思います。