常識と非常識について

これは、そのようなことだと考えることがあったとします。

それを誰かに話をすると、驚かれるようなことが有る場合には、その時に、自分と相手の違いが分かるということになります。