要らないことは要らない

どのようなことにでも、必要なことと、不要なことがあります。

ですから、それほど考えることも無い、または、それほど重要ではないことについては、不要という発想を持ってみても良いかもしれませんね。