身体を思いやるということ

どんなときにでも動いているのは身体です。

ですので、ときには労いの気持ちをもって、接することは大切だと思います。

いつもよく動いてくれてありがとうと、自分の手や足に、または臓器に話しかけてみてください。