一歩でも、進むということ

遠い場所へ行きなさいと言われればとても遠い目標のように感じますが。

とりあえず、一歩前に足を出してごらんと言えば、足は出せると思います。

ですから、目の前に足を出すということが、進むということになるのです。