どうでもいいと、考えられるとき

切迫したような気持の時には、どうでもいいという一休さんのような発想を思い出します。

慌てない、というその考え方に立ち返るのであれば、それがとても自分らしいのかも知れませんよね。