早口言葉などを聞いて

昔の人は、会話をするときは流暢(りゅうちょう)にゆっくりと話していたそうです。

現代では、意味を大切にするので、内容を早く伝えることをしているような感じですかね。

ですが、思いや気持ちを伝える時には歌のような表現が好きで、思いを歌に込めるようなことを聞きます。

やはり、内容というのはどのようにでも言えるので、心が伝わるということには労力を掛けれる方が、誰も出来ないことなのかも知れません。