フェイクということは存在する

世の中、上手に生きる意味で誰しもが、オーバーに言ってみたり、違ったことを伝えたりする経験はあると思います。

それについて、正論をいつも言うことが当たり前だと思うひとには、許せないような出来事なのでしょうが、そのような言葉に慣れているひとには、真に受ける方がダメだというようなことを言われます。

世の中では自己責任というのがあって、ある程度は自分で判断ができないと、自分の責任だということになりますので、ちゃんとした経験として、嘘やわがままはあるものだと、定義づけられると楽なのかも知れません。