歌の歴史とは

歌ということがあまり浸透していないような古代には、どのようにして、リズムのような音を鳴らすことを理解していたのでしょうか。

リズムということも無く、何かを歌うという意味合いも無く、ただそのような感じにしてみたいことをしてみるという感覚は、とても感動的だったように思えます。