人生にとっての素焼き

人生においての素焼きというのは何でしょうかね。

元となる生地で、その状態によって釉薬の色彩が変わる。

不思議と、綺麗な生地も、ドブのような泥に何年か漬けておいたような素焼きの生地も、素晴らしい釉薬の色を写すそうです。

とても辛い経験、とても純粋な経験、それらは決して、何かをする仕事となった時には邪魔となることではなくて、美しい模様を映し出す基礎となる訳です。