千差万別ということ

同じような系統を集めることによって、不特定多数の人から、分かり易い内容を、求められているようなことを提供して、利用してもらうことで、薄利多売でも多売でも、たくさんの需要を集めていると思います。

これが、数人と言う具合になれば、ご近所のという話でしょうが、やはり、全国とか世界という広さになると、みんなに分かり易いという形を求められます。

カレーを食べたい時に「カレー屋🍛」か「ぼんぼん屋」かと言われれば、どうも、カレーだけではない、ちょっと分かりづらいようなネーミングにも人が入らないそうです。