なけなしなこと

自分にはほとんど、持っていないようなことに、それでも、トライしてみるような時、隣で見ていると、きっと本当にしたいことなんだと認めます。

認めるというのは、どこかで相手を尊敬してるということであって、なんであなたに認めるとか、言われないといけないということもあるのでしょうが、言わないにしても、認めた相手には快く接しようという感覚になります。

どこかで、苦しいことがわかっていて、でも、やっているということは、人間社会では結果では無く、認められるということなのでしょうか。