子供と大人

子供のころから、大人と同じように仕事を手伝ったり、家事を手伝っていたりして、生活をしていることが昔にはよくある光景でした。

現代では、子供が働き口として、考えられているような話はあまり聞きませんが、大学や高校まで進学することが当たり前のような時代ですよね。

子供を、どのようなことで子供としているのか、身体の大きさか、稼ぎか、何なのか、現代では10代で年商一億を稼ぐような人まで居ますが、なんとも、どう大人との区別をしていいのか、大人も、どこからが大人として見ているのか、そこも線引きがはっきりしていないように感じます。