感情ということを考える

痛点というのでしょうか、どのように感じるか、昆虫や、小動物に至るまで、どんなふうになっているのか、ということを考えると、学者の間では、痛点が無いという昆虫も存在していて、ですが、もちろん、痛点が無いようなぬいぐるみや、置物であっても、パッシッっと叩くと、痛がっているように見えるのは、私の痛点はきっと視覚にもあるんだなと、痛点の広さを思います。

みんなが、痛くないようにするにはどうすればいいのでしょうか、また、痛みというのはきっと必要だから残っているのでしょうね。