粘土というものを固める

土にもいろいろな種類があって、粘土層という分類に入る土は粒子が細かく、また、カオリンなどが含まれると、焼いたときに溶けて、陶器などの焼き物になるそうです。

柔らかく、そして、硬くなるもの。

世の中って、そういうものを上手く活用しているということなのでしょうね。

木という材質も、自然の中に豊富で、利用し易いということで木造だそうですが、もし、もっと違う物で、使用し易い材料が存在していれば、生活様式も、何もかもが別世界のように広がっているかも知れませんよね。