それぞれにあること

人間だもの、とか、みんなちがってみんないい、とか、生きていれば万々歳、などさまざまな言葉がありますが、室内で歩いているアリを見ていて、どうしてこんなところを歩く人生となったのかとか、車に付いている蜘蛛を見て、どうしてこんな遠い場所に引っ越すことになったのかと、思いを巡らせます。

以前には、飴を出して、室内に居るアリや、近場のアリに、ビッグボーナスと言って、与えてみたりしました(笑)

アリにとってはかなり大きなことだったと思います。

いろんな場所で、いろいろなことがある中で、それをどう受け止めたら良いのやらと、考えさせられるときには、どこかであきらめて、人間とはそんなものなのかなと思うことで落ち着くのかも知れませんね。