心を置く場所とは

時代劇などでよく登場していたのは、神棚の記憶があるのですが。

何か出掛ける時には無事を祈って、柏手を打つという風習なのでしょうか、そんなことをします。

確かに、何か大切なことが有ると、心が落ち着かずに、神頼みのように、拝むとどこか心が落ち着くようになるのは記憶にあります。

何かに自分を預けるような、そして問題があっても小難であったと思えるような、そんな存在はどこかで私達には大切なのかも知れません。