生き物を操作する。

遺伝子組み換えや、品種改良など、いろいろなことを人間は自分都合に合わせて変化させています。

それについては各種意見が存在していますが、金魚も、そんな色の生き物は存在していなかった突然変異だそうで、驚きますよね。

ですが、進化論としてみると、とても速い進化と思えることは、生活様式に適応しているだけのことで、いろいろな子孫が存在して、その環境で生き残れるような生き物が残って、昔には羽が長いのが、短くなった鳥も、ただ単に、短いのも長いのも生まれていて、長いのは生活が出来なくて絶えただけのことだそうです。

同じように見えても、同じお腹から、少しづつ違うような形が産まれていて、そこから、今の合わせた生き物が残っているのも、品種改良のような話なのかも知れません。