ピンポイントで。

最近は、雑誌や本の売れ行きが悪いそうで、情報化社会ということをリアルに反映しているようなことがあります。

そこで、どんな風に売り上げを挽回するのか、そういうことに興味があって、そういう情報を読んでいると、どうやらピンポイントな情報にして、専門性を特化するということで、買うということにつなげているそうです。

確かに、この情報は無料で存在していないということが著書などに有れば、買うということなのでしょう。

ということは、これからは昔のように現地へ行かなくてはならない情報が多くなるということなのかも知れませんね。