我武者羅なとき。

オレオレ詐欺じゃないですが、何かに自分の論理が当てはまると、誰の意見も聞けなくなるほど、盲目に進むことがありますよね。

それが、悪いことで無ければとてもラッキーな瞬間かも知れません。

そういう意味で、自分にとっては助けたいという心があって、我武者羅になったことが、嘘であったら、どこかで安心をしながら、イライラと傷ついてしまうでしょう。

嘘を言わないようなこと、そんな中で夢中になれたなら、誰よりも行動ができるでしょうし、どこかで、理想と違うことから疑心暗鬼になれば、誰よりも行動は減少してしまうと思います。

どこかで、我武者羅という風に噛み合えるならば、リスクなんてのは考えないのだろうと思っています。