勝ち負けということ。

スポーツの世界や、将棋や囲碁などの世界には勝ち負けが存在しています。

しかし、不思議なことに、勝ったとしても喜ぶなという意味合いを言われます。

勝ち負けにしているのに、勝ち負けでは無いことを伝えている。

であれば、昔の剣道みたいに良し、とかダメとかという表現で、優勝なんて作らない方が分かり易いようにも思えます。

どうやら、勝負は、勝負という気分でしない方が勝てるみたい。