自信過剰。

自信過剰ということを言われる時には、叱られているような感覚でしょうが、行き過ぎると確かにダメなことはありますが、乗り物として考えてみれば、進むのが遅いときにはスピードは踏み込まなくてはなりません。

スピードが上がると、簡単に速く動けるので注意が必要ですが、まだスピードにも乗っていない場合には、自信過剰の方が丁度良いかも知れませんよね。

何かを動かすということには、エネルギーが必要ですから、周囲からすれば迷惑であったり、異端児のようであったりしますが、いつもそういうときには理解者が必要だと思っています。