どんなに高い壁でも。

人生のどこかで、壁というものを感じることがあります。

子供のころには、学校へ行くということがとても辛い時期が有りました。

そういうときには、あと2年で卒業だから、それまでは我慢しようという風に、自分へ言い聞かせていましたが、どこかで不幸が永遠なんて誤解をしてしまう人も居るそうで、決してそうでは無く、単なる壁なんだということに気付いてほしいことがあります。

壁は薄いですし、風にもさらされますし(笑)、それほどまともに考えてぶつかる必要も無く、でも力自慢をしたい場合には正面からパンチしてみることもいいですし。

あなたにとって壁があるならば、それをどうするかは気楽になってください。