初の試み。

輝石、ジェムストーンと一緒に焼いてみるなんてことは今までにしたことが無いのですが、やってみました。

透明釉と、輝石を合わせて焼いてみるのですが、素焼きや七宝焼用の小さな窯ですので、900℃で溶ける釉薬ですね。

サービス管理責任者 伊藤は、輝石の選び方を見ていてセンスが有るように思えたのは、気のせいでしょうか。

輝石を選び、乗せてから、釉薬を塗ります。

まぁ、試作ですが気持ちはクッキーです(笑)

食べたくなるような見た目にはなりましたが石が爆ぜたり、変色したりと、普通に焼けないだろうとドキドキしながらスタッフは試作しています。

行ってらっしゃいませ(笑)