出来上がりは微妙。

はい、窯から引き上げました。

輝石は溶けていますね(笑)

この輝石はどうやら、融点が低いみたいで釉薬と同じように溶けてしまいました。

う〜ん、想定していたのは、釉薬が溶けて輝石は原型のままだったんですが、どうやらそうは行かなかったみたいです。

輝石も、同じくガラスのように溶ける成分も有りますから、当たり前なことかも知れませんね。

これで、1つ分かったことは、輝石の形をそのままにしたい場合には、焼かずに、そのまま貼り付けた方が良いと言うこと。

しかし、失敗は有りません。

試作と呼ぶように、いろいろなことをしてみて、たくさんの経験を積み重ねることが大切ですし、輝石を溶かした作品を作りたくなるやも知れませんし。

これはこれで、成功です。

ヤッター(笑)