作品を制作する。

一言に、作品と言っても、先づは道具を好きなように使ってみないと、どんな色が出るのか、どんな線になるのかがさっぱり分かりません。

ですから、気楽にいろいろな道具で、絵を描こうよりも、色や線を出してみるって感覚で、失敗とか成功とかは考えないでやってみることを繰り返してみて欲しいです。

そこで、綺麗な色と興味が湧いた画材が有れば、それで好きなように○や△を描いて、色彩を浴びて欲しいです。

色彩は、とても脳を活発化させますから、今までとは違った良い刺激を身体に与えてくれます。