テスト焼成。

さて、陶芸の素焼きや、動作確認などをする為に、出来るところは試作をしています。

まぁ、試作ですからとりあえずは適度にサービス管理責任者の伊藤とやってみます。

釉薬は付いていないので、重ねて600℃までさっと焼成します。

素焼きは焼きしまっていないので、水分を吸い込みますから、釉薬が付け易いですね。

粘土を好きな形にして、それを1日置いて乾かしてから、素焼きにします。

すでに、素焼きになった写真ですみません(笑)

この電気窯を使用されたことがある方はご存知かも知れませんが、赤色の数字が目標の設定温度で、緑色の数字が現在の温度です。

600℃くらいでしたら、あまり赤く光ってもいないので、見た目的にも分かりずらいですが、うっかりとして触ったら大変なことになりますから、必ず、温度計が分かるようにスイッチを入れたままにしています。

温度が常温にまで下がってからスイッチを切るようにします。