今と昔の空気。

現代の空気と、昔の空気はもちろん違うのですが、酸素濃度が3%くらい低いのが現代だそうです。

そう思うと、毎日が酸素カプセルのような空気の中だった昔のひとは、走るにしても、寝るにしても、身体は良好だったのでしょうかね。

脳や身体の細胞に、酸素や血液がちゃんと届くと、かなり動ける身体になるそうです。

深呼吸や、鉄分はとても大切だということですよね。