人生ということを考える。

生きるということを考えて、そこから人生ということを考えてみて。

生きるということは、毎日健康であって、不健康でも、身体が動くことができて、なんとかかんとか、その日を過ごせることだと思っていますが。

人生ということで考えてみると、それが、有意義であったか、自分にとって満足ができたかどうかを評価したくなることだと思っています。

もちろん、自分への評価が最高なんて方は、もう水戸黄門のお爺ちゃんくらいしか存在しないのではないかと思えるくらいのことですが(笑)

いつか、あの時は良かったという時間が、ここの就労施設、のびのび文化であったらば嬉しいですよね。