だます、だまされる。

どんなことにでも疑ってみて、それで理解をしなさいなんて、言葉をよく耳にします。

だます人が居るからこそ、そういうことが起こるのですが。

だまされたという人にも、自分がしたいと思ってやったことだから、それはだまされたとは思っていないという方も居ますよね。

疑うということは、どこかでテンションがさがってしまうというのか、ヤル気が起きなくなってしまいます。

どこかで、そんなことを考えずに、トライしてみた方が楽しいと思えることがあるからです。

いろいろな成功者と呼ばれる方々の傾向に、騙され易いということがあるそうです。

成功者と呼ばれるほど、収入や社会的地位を得たひとは、騙され易いなんて不思議ですよね。

それでも、それをバネにして努力するそうで、一番に問題となるのは何もしないことだそうです。

何もしないのはリスクも無いように思えますが、それによって退化し、無知となっている状態の方がリスクが高いということだそうです。

そう考えると、騙すとか騙されるというのは、お金次第で、金額に上限さえあればそんなことは起きないような気もします。