頭がいいなと思えること。

学生の時に、いろいろな話を聞いているとなるほどと思えることが有ります。

1位2位を争うことをしているのが、学生時代のようなことでもあった思い出ですが、順位は優劣を決める上でとても大切なのですが、それによってヤル気が出ていることがもっと大切だと。

そんな話を先生から聞いたことがあります。

1位だと、それ以外は差別だということで、今はそのようなことはしていないそうですが、そういうことではなくて、ヤル気を持たせる手段として考えて、1位だからといって差別的に接することは無く、ビリだからと言って軽蔑することも無ければ良いのですが。

少しは、尊敬しますし、そうありたいと憧れもあります。

だから、1位が無くても、勝手に1位は存在するので、それについて教育側としては関与したくないということを言っているのですよね。

何故、競争社会なのかをもっと、差別についてヤル気を持つのではなくて、成長についてヤル気を持っていられたならば、賢いなと思います。