身体も芸術の一部。

ふと、見てみたらばあらビックリ(笑)

身体にアートをしていました。

楽しいと思えることはなんでもしてしまう性分だそうで、とても元気をいただきます。

みんな、どこかで、いろんなことをアートにしてしまって、自分にとって楽しい空間に出来たのであれば、それはとても憧れる世界観です。

汚れるとか、恥ずかしいとか、いつからか大人になって、要らないような恥じらいを持って、不要な格好良さを猛進してしまうことも有りますが、初心になって思えば、なんでもないことも楽しいと思える時間がありましたよね。

教科書に落書きするのが楽しかったです(笑)