バッタの話。

子供のころの国語の話なのですが。

バッタを捕まえた子供がいて、箱の中で飼っていたら、箱よりも高く飛べなくなっていた。

そんなことを反面教師にして、人間も、自分の天井は高くしておいた方が、高く飛べるという話です。

バッタが捕まることが無ければ、そんな飛べる自由も何もそのままなのですが、人間はバッタを捕まえてしまう。

そんなことに、興味を持ちます。

人間は目標を高く持つこと以外に、誰かを捕まえてしまっています。

その相手が、高く飛んだ場合にどんな気分になるでしょうか?!

どこか嫉妬が芽生えますか?

それか、同じように喜べますか?

バッタが飛べるというよりは、人間が捕まえているということの方が大きな出来事だと思っています。