そんなこと、あんなこと。

性に合う合わないということがあります。

語学などでも、得意な分野と不得意なことがあります。

脳のどの領域を活発に動かしているかによって、得手不得手も存在していることがあると思うのですが。

どうやら、右脳、左脳ということでざっくりと言えば、変わることがあるそうです。

何が変わるかというと、左脳が活発だと言語の思考だそうで、右脳は絵や芸術の思考。

事故などで突然、脳の働きが変わることが有るそうで、芸術家になったり、文字を紙にびっしり書いたりすることがあるそうです。

そう考えれば、脳のトレーニングとして、血液循環を考えたら、不得意も変わるかも知れませんよね?!

]