どんなときも、そんなときも。

どんなことが起こっても、変わらない関係でいたい。

そんな話を、ロマンチックに、また憧れとして、目指しているのでしょうか、やはりそのような言葉をかけあい努力されているひとは居ます。

うがった見方ですが、それほど変わるということですよね。

何かあると、信用されなくなったり、別人のような扱いを受けることがあるからこそ、そのようなことに憧れ意識を持ったりするのだと感じます。

距離感によっては、人間だからと、理解できることでも、距離が近かったり、直接かかわることがあると、あの人はダメとか、あれは良いとか、そう見て会話してしまう。

人間だもん。

そんなことで、終始一貫できれば、仙人のような生き方ができるのでしょうか。